FAXオーダーシート
営業日カレンダー
  • 営業日と休業日
  • ※ご注文は年中無休で承っております。
    定休日には電話対応、商品発送、メール対応をお休みさせていただいております。


プリントについて

ひらめき、思いが形になる。あなたのイメージが思いどうりにプリントできます

シルクスクリーン・インクジェット・転写・刺繍など、ご希望のデザインに合う加工方法をお選び下さい。商品によっては対応できない加工方法もございますので、お見積りの上ご確認をお願いします。

シルクスクリーン・プリント

プロ仕様の美しい仕上がりです!
シルクスクリーン

プリントTシャツで最もオーソドックスなプリント方法です。色あせが起こりにくく、耐久性があります。また、インクの種類が豊富で、「蛍光インク」「発泡インク」「ラメ」など特殊インクを使った表現も可能です。濃色ボディーに沈みがちな薄い色も、発色よくプリント出来ます。
※プリントの色ごとに版が必要となります

大量生産にはこの方式が最適です。プリント代金は、沢山プリントするほど、一着あたりのプリント代金はお安くなります。

シルクスクリーンとは、1色ごとに1版を作成し1色ごと生地にインクを刷り込んでいく印刷方法です。(下の図は作業工程です)
シルクスクリーンは、1色ごとに【製版代】と【プリント代】が必要になります。

シルクスクリーン・プリント過程

シルクスクリーン・オプション加工

金・銀
(ラメ入り)
1番人気で、目立ち度はNo.1!

控えめなキラキラで、ワンランク上のデザインになります。

蛍光 ビビットなカラーでインパクトを!

発色の強い、蛍光カラーなら目立ち度アップ間違いナシです。

発泡 POPなデザインと相性グッド!
特殊インクの使用で、プリント面に盛り上がりを 与えることができ、POPなイメージに仕上げることが出来ます。
ラメカラー キラキラ・ゴージャス!
キラキラのグリッターが入ったラメカラーでゴージャスに!
畜光 暗闇で光る!?
時計の文字盤に使われているような暗いところでぼんやり光るインクです。見た目の色は薄い黄緑になります。

カッティング転写

1枚ずつ異なる「背番号」や「個人ネーム」を入れる事ができます!
カッティング転写

専用のラバーシートをご希望のデザインにカットし、ウェアへ熱転写(プレス圧着)する方法です。
サッカーやバスケットボールなどのスポーツユニフォームの背番号やネームを入れる場合に多く使われています。

※プレスした圧着跡が多少残ります。
※使用できるラバーシートの色は決まっており、多色は不可です。
※細かい文字や、1mm以下の細い線など複雑なデザインは加工できません。

デジタル転写

色数の制限がないのでフルカラー表現に最適です!
フルカラー転写

生地に直接プリントせず、一旦他の転写紙や転写フィルムに印刷してから、ウェアへ熱転写(プレス圧着)する方法です。
写真のプリントの場合もこちらの印刷方法で綺麗に印刷する事が可能です。

※プレスした圧着跡が多少残ります。
※フルカラー転写は、デザインの周りに2〜3mm程度の「フチ」が付きますが、ウェアのカラーに合わせて出来るだけ目立たなくする事も可能です。

昇華転写

風合いもよく、フルカラー表現ができるのが特徴です。
刺繍加工

生地に直接インクを染め付けるため、素材の風合いを損なわない加工です。発色が良く、フルカラーでの表現もグラデーションなどの再現も可能です。

※ホワイトのポリエステル地のみ対応可能です。また、色がデータよりも若干沈んで見えます。
※プレスした圧着跡が多少残ります。

インクジェット・プリント

プリント面のやわらかな風合いが特徴です!
インクジェット加工

生地に直接プリントする加工方法です。製版が不要の為、多色やフルカラー印刷に最適です。微細なドットで柄を表現する為、写真やグラデーションの再現に適しています。また縫製部分にまたがる印刷も可能です。

※綿素材のみに対応可能です。
※インクジェット加工は、生地色が「淡色(ホワイトなど)」か「濃色(ブラックなど)」によりプリント料金が異なります。

デザイン刺繍・ネーム刺繍

独特の立体感、高級感があります!
刺繍加工

種々の糸を用い、布地の表面に絵や模様を縫い表します。直接刺繍により、高級感のある再現ができます。

※裏側にも縫い目が出ます。
※刺繍加工はアイテムやデザイン柄、刺繍するサイズによりお値段がまちまちに変わって参りますので、ご希望の際はデザイン原稿をご送付いただき、お見積もりをお出し致します。