オリジナルプリントの専門店! あなたのオリジナルデザインを【SEABOW (シーボー)】が真心を込めて仕上げます。 全国どこでも【 送 料 無 料 】

受付時間 月〜金 10:00-18:00 通話料無料

ons

生地の厚さ・特徴

生地の厚さ・特徴

生地の厚さや特徴についてご紹介します。
Tシャツの違いや選び方が分からないという方は、ご参考にしてください。

生地の厚さ

生地の重さ、厚さを表す単位oz(オンス)について

生地の厚さを判断するスペックとしてoz(オンス)という数値が記載されていますが、これは正確には重さを表すスペックでメートル寸法の日本ではあまり馴染みがありません。Tシャツ等はやはりアメリカから普及した製品なので、現在でもウェアのスペックには国内のブランドでもoz(オンス)表記になっています。 ヤード・ポンド法の単位で1.0ozが28.35g、ウェアに使うoz(オンス)は面積に対する生地の重さとなり一般的には下記のような数値がTシャツとして普及しています。

3~4oz 薄手に該当するオンス、価格も安くイベント用ボディなどが多いです。最近は着心地の良い薄手Tシャツもあるので必ずしも品質が低いとは限りません。
5~7oz ヘビーウェイトと呼ばれる肉厚Tシャツ。 特に6.0oz以上はTシャツとしては本当に最高クラスです。
8〜13oz トレーナーやパーカーのスウェット生地のオンスになります。

糸の太さ(番手)

糸の太さ(番手)とは?

「番手」とは、糸の太さの単位。綿糸の場合、基準重量1ポンド(約453g)当たり単位長840ヤード(約0.914m)の何倍になるかで表します。 ※数が小さくなるほど太くなります。 ヘビーウエイトTシャツに使ってある糸は18番手以下で、Tシャツの場合、20番手が厚手というのが目安となります。

糸の種類

何種類の糸があるの?

Tシャツでは一般的に下記の3タイプの糸が使用されています。品質も価格もカード糸 < セミコーマ糸 < コーマ糸とされ、より不純物を除去したコーマ糸がもっとも品質が高く、価格も高くなっていきます。さらに不純物をより取り除いたコーマ糸は、色染めを行った際にもカード糸に比べ色乗りが良く、染まり方もキレイに仕上がります。

カード糸

輸入Tシャツに多く見られる綿糸で、不良部分が約5%ほど除去されています。
コーマ糸に比べ、色艶や、しなやかさが無い反面、シャリ感、涼感のよく出たラフな風合いになります。

セミコーマ糸

コーマ通し(コーミング・櫛掛け)により10%程度不良部分を取り除いた糸。
コーマ糸に比べると風合い、手ざわりともに多少ラフな味わいがでます。
カード糸よりは質感・耐久性に優れ、コーマ糸の光沢・保持力と、カード糸のシャリ感、涼感がほどよく得られるのが特徴です。

コーマ糸

綿花を紡ぐ最終工程で丹念にコーマ通しをして、15%~25%の不良部分を取り除いた非常に上質な綿糸。
このコーマ通しには不良部分を取り除くほかに、綿糸の繊維を一定方向(平行)にそろえる働きもあるので、コーマ糸を使ったTシャツは自然な艶があり、毛羽立ちにくいので洗えば洗う程、風合いが良くなります。

生地の特徴

編み方一覧

Tシャツの素材は、ニット(編み物)です。編み方ひとつで、肌触り、通気性伸縮性、が変わります。

天竺編み

平編みの別称で、英語ではジャージーステッチ(JerseyStitch)と呼ばれます。
適度な伸縮性があり、体にフィットするのが特徴で、ほとんどのTシャツは天竺編みで作られています。

鹿の子編み

平編みとタック編みが交互にくる編み方で、鹿の子絞りの織物に外観が似ているためにこのように呼ばれています。ポロシャツのスタンダードな編み方です。

裏パイル(裏毛)

ゴム編みとも呼ばれ、天竺編みよりも一層伸縮性に富んでいます。衿や袖口に使われることが多い編み方です。

裏起毛

平編みの別称で、英語ではジャージーステッチ(Jersey Stitch)と呼ばれます。
適度な伸縮性があり、体にフィットするのが特徴で、ほとんどのTシャツは天竺編みで作られています。

平織り(タフタ)

ゴム編みとも呼ばれ、天竺編みよりも一層伸縮性に富んでいます。衿や袖口に使われることが多い編み方です。