オリジナルTシャツ作成・クラスTシャツなら激安プリントの【SEABOW】へ

新規デザインのオリジナルプリントなら【全国どこでも送料無料】

受付時間 月〜金 10:00-18:00 通話料無料

silkscreen

シルクスクリーン【刷り師が仕上げる、1番人気のプリント】

オリジナルプリントの大定番!

プリントTシャツで最も一般的で人気のプリント方法です。
アパレルをはじめ、クラスTシャツ・イベントTシャツ・チームTシャツ・バンドTシャツなど、
幅広いジャンルで使われているプリントのほとんどにシルクスクリーンが使用されています。
シルクスクリーンは1色ごとにデザインの形で製版を行い、
職人がスキージーを使って1枚1枚手作業で、生地に直接インクを刷っていく加工方法です。

シルクスクリーンの長所

  • POINT
    01
    色あせが起こりにくく、耐久性に優れています。
  • POINT
    02
    インクの種類が豊富で、特殊なプリントで表現が可能です。
  • POINT
    03
    製作枚数が多いと、1枚あたりのコストが安くなります。
  • POINT
    04
    沈みがちな薄い色も、発色よくプリントが可能です。

インクカラー

シルクスクリーンのインクカラー一覧です。
デザイン作成の際にもご参考にしてください。

綿・ドライ素材用のプリントカラー

C-21
White

C-22
Black

C-23
Dark Gray

C-71
Gray

C-24
Light Gray

C-25
Radish

C-26
Red

C-27
Hot Pink

C-72
Pink

C-28
Light Pink

C-29
Orange

C-30
Sunflower

C-31
Yellow

C-32
Dark Green

C-33
Green

C-34
Yellow Green

C-35
Navy

C-36
Blue

C-37
Sax

C-38
Purple

C-39
Dark Brown

C-40
Light Brown

C-43
Cream

C-44
Reflex Blue

C-73
Sky Blue

C-50
Gold Yellow

C-51
Burgundy

C-52
Violet

C-53
Ocean

C-54
Olive

C-55
Apricot

C-56
Lavender

C-57
Emerald Green

C-58
Glasse Green

C-59
Lime

C-60
Pastel Yellow

C-61
Fresh

C-62
Lilac

C-63
Mint Green

C-64
Pale Green

C-65
Apricot

C-66
Lavender

C-67
Emerald Green

C-68
Glasse Green

C-69
Lime

C-70
Pastel Yellow

C-74
Fresh

C-75
Lilac

C-76
Mint Green

C-42
Gold

C-41
Silver

C-45
Neon Yellow

C-46
Neon Orange

C-47
Neon Pink

C-48
Neon Blue

C-49
Neon Green

お使いのPC環境等により、多少の色味の違いが出る場合がございます。

ナイロン素材用のプリントカラー

C-21
White

C-22
Black

C-24
Light Gray

C-26
Red

C-72
Pink

C-29
Orange

C-31
Yellow

C-33
Green

C-36
Blue

C-35
Navy

お使いのPC環境等により、多少の色味の違いが出る場合がございます。

加工の種類

シルクスクリーンプリントでできる加工方法の種類をご紹介します。

ラバープリント

シルクスクリーンの中でも最も一般的で、SEABOWが得意としているプリントです。インクは通気性を損なわず、風合いの良い「水性インク」を使用しています。耐久性に優れており、ほとんどの生地に対応可能です。

[注意点]
綿・ドライ・ナイロン素材(専用インク)に対応可能。生地の表面にインクが張り付いているような質感で、特に加工の指示がなければラバープリントで進行します。

半ラバープリント

水性インクと染み込みインクを半分ずつ混ぜ、柔らかさを出しつつも発色もできるプリントです。ブラック等の濃色生地に染み込みプリントをするとインク色が負けてしまいますが、半ラバーだと発色させる事が可能です。

[注意点]
綿素材のみ対応可能。ラバープリントに比べて発色良くプリントする事は出来ませんが、風合いは良く仕上がります。

染み込み(顔料)プリント

顔料プリントと呼ばれる事もあり、生地にインクが染み込んだ柔らかい風合いが特徴のプリント方法です。発色は生地色に影響される為、色のある生地にプリントする場合は色味が変わります。例えば黒い生地に白でプリントした場合はグレーになるイメージです。

[注意点]
綿素材のみ対応可能。ブラックなどの濃色生地へのプリントは不可です。またプリントの発色は生地色や素材に影響される為、全て均一な仕上がりにする事は出来ません。生地に染み込む為、若干滲みが出ます。

金銀・蛍光プリント

ラバープリントで使用する特殊インクで、安価で目立たせる事のできるプリントです。金銀は極細の粒子が混ぜ込んであり、キラキラと高級感のある仕上がりになります。蛍光はビビットな極彩で目立ちますが、隠蔽性が低い為その仕上りは、生地色の影響を受けやすいです。

[注意点]
綿・ドライ素材に対応。金銀・蛍光ともに調色は不可。濃色生地に蛍光インクを使用する場合、淡色生地に比べると発色が弱くなります。

ラメ(グリッター)プリント

ベースを通常色でプリントをし、その上から粒の粗い色ラメをトッピングするプリント方法です。大きめのラメ粒子をインクに混ぜてプリントする為、とてもキラキラしてて目立ちます。

[注意点]
綿・ドライ素材に対応。ラメは洗濯や摩擦に弱く、細かい点や線の表現にはあまり適していません。また1色プリントでもベース用の版とラメ用の版の2版が必要となります。

発泡プリント

プリント後にプレス機で熱処理をする事により、プリント部分が丸く膨らむプリント方法です。手触りも独特で、モコモコと立体感ある仕上がりとなり、POPな印象が出てきます。

[注意点]
綿素材のみ対応。インクが膨らむため細かい表現には向かず、膨らむと元のカラーよりも白っぽくなり発色が薄い仕上がりになります。

金箔・銀箔プリント

専用のノリを刷った後、金銀の箔シートを熱圧着するプリント方法です。分かりやすく表現すると折り紙の金銀のような輝きで、金属質の光沢が得られます。

[注意点]
綿・ドライ素材に対応。力摩擦に弱く、洗濯堅牢度は低い為、耐久性を気にされる場合は向きません。また小さく細かいデザインは表現できない場合もございます。

蓄光プリント

太陽などの光を吸収し、暗い場所で発光するインクを使用したプリント方法です。明るい場所では薄い黄緑で、暗い場所になるとぼんやりと自然発光します。

[注意点]
綿素材のみ対応。濃色生地の場合、ベース用の版と蓄光用の版の2版が必要となります。

料金

下記の内訳で価格を算出します。

ウェア代
製版代
プリント代

別途で送料、支払い手数料などが発生します。

注意点

プリントできる箇所

縫い目から2~3cmほど離れた箇所で、平たい面のみにプリントが可能です。
縫い目にかかる、または縫い目に近いプリントは滲みの原因となる為、対応できない場合もございます。

プリントできる細かさ

0.5mm以下の線や点、1.5mm以下の抜き(隙間)の部分は、プリントがきれいに表現できない場合がございます。

プリントできる素材

綿・ポリエステル・ナイロンなど、どの素材にもプリントは可能です。
ただプリント面が2枚生地になっている場合は対応できない場合もございます。